Batman: Arkham Asylum – (クリア)

クリアまで14時間。達成率は80%。意外にボリュームがあった。でも、長すぎるというわけでもなく、ちょうどいい塩梅。

bm0912031

ゲームの印象は昨日の日記で言ったのと概ね同じ。アクションアドベンチャー系のゲームはどうしてもイライラっとくることがあるのだが、このゲームは細かいところまで工夫がされていて、ストレスを感じさせない。ゲーム中ではバットマンらしいアクションが再現されていて、まるでバットマンになったような気分を味わえる。バットマンシミュレーターなんて言われているけれど、まさにその通り。

ストーリーや演出は原作ネタがたくさん盛り込まれており、原作愛をひしひしと感じられた。ただ、一見さんに対しては説明が不十分。コミック、映画、アニメ、なんでもいいけど、ちょこっとだけ見て、予備知識をつけておいた方がいい。

スケアクロウとの戦いは一見の価値あり。やつとは計三回戦うことになるのだが、三度目の演出が本当にびっくりする。ネタバレしちゃうとつまんないから詳しく説明しないが、スケアクロウの幻覚攻撃がバットマンのみならず、プレイヤーにも作用するといっておこうか。メタネタの使い方が秀逸。一瞬騙されてしまった。
続きを読む


Batman: Arkham Asylum – 僕が恋したバットマン(1)

バットマンを主人公にしたアクションアドベンチャー。アーカムアサイラム精神病院を舞台に、バットマンの活躍が楽しめる。個人的にはまったく期待していなかったが、良い意味で裏切られた。世間で絶賛されている理由も頷ける良作だ。

変態蝙蝠男登場

物語はジョーカーをアーカムアサイラム精神病院に収容するところから始まる。しかし、物事がそんなにうまくいくわけがなく、ジョーカーはまんまと逃走。おまけにアーカムアサイラム精神病院を掌握し、患者(囚人といった方がいいのか)を解放してしまう。バットマンは一癖も二癖もあるキチガイ共を相手に孤軍奮闘することになる。Arkham Asylumはバットマンさんの受難、日頃の大変さが身に染みて実感できるゲームなのだ。

なお、本作のストーリーはアニメ版バットマンを主に手掛けてきたPaul Diniが担当。バットマンらしいダークでおどろおどろしい雰囲気を持ちつつ、ジョーカー・ハーレークイン・ポイズンアイビー・スケアクロウなどの人気キャラが登場し、娯楽性に富んだ展開される。各ヴィランは永年続いているシリーズで活躍しているキャラだけあって、一ゲームに登場するだけの脇役キャラとは年季や存在感がさすがに違う。やはり、こういうところは版権ゲームの強みといえるだろう。

続きを読む





A Farewell to Dragons – 異世界の誘い(1)

スチームパンクとファンタジーが融合した世界が舞台のRPG「A Farewell to Dragons」を始めるよ。

主人公は現代世界の住人

主人公は現代世界の医者Victor。彼はTelleという少女の往診を終え、彼女を家に送迎する途中で謎の集団に襲われてしまう。目が覚めるとそこは見知らぬ世界。Telleによると、この世界はMidworldというらしい。今までVictorが暮らしていた世界はWithinという場所でMidworldとは別世界になる。その他にもHighworldという世界が存在するようだ。
続きを読む


Launch Get Games

sshd0911251
・Get Games

Eurogamerがダウンロード販売サイト「Get Games」を開始。それに伴い、Serious Sam HDが£9.99で販売されています。

Get Gamesは良質な新ゲーム、クラシックゲーム、インディーズゲーム、フリーゲームを提供するサイトを目指しているとのこと。今後に期待するとしましょう。