「 RPG 」一覧

虚空洞の水を打ったように静まり返って死んでいく遠い昔の記憶

興味があったのでこうた。マス目移動と常時ターン制が懐かしいね。ダイアログや書物の翻訳は理解できるレベル。書物の文章量は多いので日本語化は有り難い。一部スペルの説明文がなんのこっちゃという感じだが、炎の矢なのか氷の矢なのか水なのか稲妻なのか、これもうわかんねぇな。グラフィックは古臭い上に動作も異様に重く、フレームレートが安定しない。アーリーアクセスなので仕方のないところだろう。バランスも歪な感じだがこれもアーリーアクセスだから・・・。

mmx1310211


マイトマテン日本語訳入っているんだね。なんだろう。この機械翻訳よりは通じるけどむず痒い感じ。公式がジャップ表記しているし、頭のおかしい擁護団体から抗議くるでこれ。


The Incredible Adventures of Van Helsing – パイポジゲー(クリア)

13時間でクリア。難易度ノーマルではサクサクテンポ良く進み、一気にプレイしてしまった。プレイキャラはヴァンさんのみだが、一人のキャラで三通りのスタイル(剣・銃・魔法)が選べる。お金さえ払えばスキルとステータスの振り直しはいくらでもできる為、近接戦闘に飽きたら魔法に切り替えるといったビルドの変更が容易であり、一回のプレイで色んな戦い方を試せるのは利点。プレイキャラが何人も居ても、ストーリーが同じゲームだと何回もやる気がしない。その点では本作は一度のプレイで隅々まで楽しめるので満足度は高い。

vh1306111

リスペックはできるし、プレイスタイルにも幅はあるし、レアアイテムもボロボロ落ちるし、キーボードで移動できるし、ギャンブルやエンチャント屋もあるし、相棒のカタリナさんは一緒に戦ってくれるし、カタリナさんにアイテム拾いの設定をしておいたら自動でアイテム拾ってくれるし、おまけにアイテムを売りに街へ行ってくれるし・・・とハック&スラッシュに必要なものが揃っており、気持よくプレイさせる気配りができている。

一度に登場する敵の量も多めで範囲攻撃スキルで瞬殺した時の爽快感といったらもう・・・生身の敵はミンチになるし、機械系の敵はドカーンと爆発し、敵が死んだ時のサウンドがしっかりしているお陰で敵を切り刻むのがとても気持ち良い。敵のミンチ音は最近のH&Sでは一番の出来じゃなかろうか。トーチなんとか2に足りなかったのはコレ。

vh1306112

相棒のカタリナさんが可愛くてボインなのもポイント。カタリナさんは破天荒な方でヴァンさんとの掛け合いが面白い。ヴァンさんが乞食に金を恵んでやると「乞食に金やるとか正気なの?わたしポニー欲しいんだけど」とか「もう何百年も体無いままだはー。辛いはー。お金恵んでほしいはー」とか、ウィルオウプスが質問してきたのでカタリナさんにどうしたらいい?と尋ねたら「殺しちゃえ☆」とか言っちゃうカタリナさんまじ悪魔。人生、宇宙、すべての答えは42じゃダメなんですかねぇ・・・。

あとパイポジ弄りがエロい。パイポジ直し画像を公式で配布してるので壁紙にしよう。

vh1306113

クリアしても敵がリスポーンするダンジョンでトレハンできるものの、ヴァンさんのレベルキャップは30なのでクリアする頃には到達してしまう。ACT2で終わりなのだが明らかに続きがあるような中途半端な終わり方なので遊ぶのはDLCが出揃ってからでも遅くないかもしれない。ただ、H&Sの基礎的な部分の完成度はそこいらのものと比べて高いのでH&S好きは買っても損はないタイトルだろう。

vh1306114



マイトマミーツグリムロック

・Might & Magic X Legacy

本編が蔑ろにされていたマイトマシリーズ。ついに続編がクルー。
システムはマイトマ3でグラフィックは現代的という組み合わせ。
個人的には6以降のシステムでやってほしいけど、それは結果次第かな。
主観視点のパーティ制RPGはいいよねぇー。
後半はちゃんと宇宙行くんですよね?


King Arthur: The Role-playing Wargame – 弓兵最強伝説(1)

アーサー王ぺろぺろ。というわけでずっと積んだままにしていたKing Arthurを開始。初めに断っておくが私は凛派です。一番は大河です。どうしてタイガールート作らなかったし。

ka1301091

ゲームのおおまかな説明はDemoの時の記事を参照願いたい。パッと見はTotal Warシリーズのパチもんのように見えるが、物語性重視+魔法やモンスター+ユニットの成長要素などにより、プレイの印象はかなり異なる。Total War meets Heroes of Might & Magicが近いだろうか。私はTotal Warの無味無臭なシングルキャンペーンが合わなかったのでKing Arthurの方が色々ととっつきやすい感じだ。

物語性が重視されており、アーサー王物語をなぞりながら進行していく。今のところ大筋は一本道ではあるが、クエストに分岐(二者択一)があり、たとえば兄と弟のどちらを援護するかによって報酬や仲間が変わってくる。信仰やモラルなどの要素も後々の戦略や展開に影響を及ぼしそうだ。アーサー王物語の枠組みを壊さず、プレイヤーもきちんと物語に介入しているような気分にさせる作りがうまい。

ka1301092

特定のクエストではアドベンチャーゲームのようにテキストを読みながら選択肢を選んでいく。ゾークやゲームブックを思い出させて懐かしい。この選択もクエストの展開に影響を与える。

ka1301093

設定で「弓兵の弱体化」なんて項目があることからも分かるように弓兵がクソ強い。弓の射程距離は広いし、おまけに一度の射撃で歩兵10体くらいは倒せる。一つの部隊が40人程度なので射程に入ってから近接されるまでには一つの部隊くらいなら壊滅させられる。さらにマズイのはヒット&アウェイ(射って下がって)を繰り返していると敵がうろうろして突撃してこない場合がある。相手が歩兵だけならその状態を維持していれば全滅にもっていけてしまう。弓兵に対するAIの対応に問題がある。

Total Warの一部作品でも弓やクロスボウが猛威を奮っていたがそれを超える凶悪さに仕上がっており、設定で弱体化にチェックを入れても依然として強く、いかに弓兵をうまく利用するかで結果も大きく異なってくる。うまくやれば自軍20人死亡/敵軍200人死亡で圧倒的勝利も夢ではない。

ヒーローユニットのケイはアヴァロンの霧(一定時間だけ霧を発生させ、弓兵の命中率を50%低下)というスキルを初めから使えるが、今のところ敵が魔法やスキルを使ってこないので余計に弓兵天国に拍車をかけている。Kings BountyやHeroes of Might & Magicのごとく、ヒーローユニットのスキルをぶつけ合い、戦況をめまぐるしく変えていくような展開の方が望ましいのではないかと思う。まだモンスターにも出会っていないし、その辺りに期待。

ka1301094


スピリチュアル詐欺

がっつり物語を楽しめるRPGがやりたくて精神的後継作さんを始めてみたが、ブライトでテンプラーズとサークルオブメジャイがフェイドで限界。ただでさえMMORPGをソロでやってるような空虚感漂う戦闘なのに、主人公一人で戦わせるとか正気を疑う。

dao1301041

D&Dのルールは一般向けではないから独自のルールで仕切り直したのは理解できるし、システム面も合理的な作りではあるのだが、それが個性的か、面白いかと言われるとうーんと首を傾げてしまう。

・マナやスタミナの概念があるのにクールタイムが必要な点?
・毎回、体力全快を前提にした戦闘で同じエリアでずっと同じような展開が続くのが単調(D&Dルールなら矢や魔法に制限があるから同じ調子では戦えない)?
・HP0でも戦闘が終わればみんな元気な点?
・意思のあるキャラクターを直接TPS風に操作できてしまう違和感?
・POTガブ飲み?
・D&Dと違ってレベルがどんどん上がっていくのに敵の強さもそれに準じるから強くなったことを実感しにくい?
・好感度が表に出てしまっているせいで、自分の中のロールプレイ厨が効率厨に負けて興ざめする?
・マップの一本道感(やらされている感)が強い?
・物語展開が悪い意味でご都合主義(理屈の通らない部分がある)?フルボイス、フル演技で粗が余計に目立つ?

要因は色々と考えられるのだが、自分でもここがダメとはハッキリ断定できず(フェイドだけは完全に失敗だと断言できる)、なぜ面白く感じられないのか疑問。クラウドコントロールを重要とする戦闘の感触は他のD&Dゲーとそう変わらないように見えるが、戦術は似たようなものでも戦略に大きな違いがあるのが問題なのか。DrakensangやA Farewell to Dragonsはキラリと光る部分があったがこれはなぁ・・・。TOEEでもやり直すかなぁ・・・。TOEEやBGは始めからわくわくするがNWN系は全然ワクワクしないんだよなぁ。

toee1301041


Diablo 3 – 扇の風になって(59)

15周くらいした今日の成果。レオ様ぽいのが出た。シルエット的にこれどう見てもレオ様でしょ!鑑定するのが怖い。EXP30%来たら70Mはかたいはー。この一週間で200Mくらい稼いでることになるはー。夜道は気を付けないと危ないはー。

結果、レオ様でしたがEXP21%で底辺クラス。相場的に25M~30Mというところか。これでも底辺芋鎧並の値段で売れるのだからINFのゴミ拾いよりはマシかもしれない。ゴミ拾いよりレオ様の方が期待できるからこれからも続けようかな。マントラ扇風機ビルドだと右クリック押しっぱなしで画面を横目でチラ見するだけでいいので字幕映画に集中できる。ノーマルだから死ぬこともない。これはHuluが捗るな。SW扇風機ビルドでは吹き替えやアニメじゃないと厳しかった。最近は同じアニメやラジオを延々と繰り返し聞いていることもあったからちょうど良かった。次は右手でD3、左手で他のゲームをする方法を考えないとだな。

片手で操作するゲームならやはり紙芝居ゲーが最適か。ZOEさんに頂いた東鳩2を開封する時が来たな!こんなことを言ったらZOEさんに殴られちゃうのでもちろんここだけのオフレコだ。あっちのブログにいらんこと書いたりしないように!伊藤静さんタマん姉ェ!


SW扇風機ビルドはイナシリーズを揃えていても維持がめんどくさい。もっと快適に効率良く回せんといかん!ということでMantra of Conviction/SubmissionをSWの代用とした。こちらは範囲が20ヤードであり、SWよりも広い。一度マントラを張ったら後は扇風機で走るだけ。Normal MP10でも敵の体力は最大数千のレベルなのでDPS15Kもあればエリートさえも走り抜けるだけで沈むというわけだ。SWを使う必要もなくなる為、イナシリーズから開放され、MF装備を選びやすくなる。さらに空アライさんも入れてダメ押しだ。

そこで頭はスピリットストーンでSPR、SoJでSPR、鎧はMSを稼ぐために黒人鎧に落ち着いた。後はMF装備を整えれば良い。だがこれではSPRが足りない。そこでSun Keeperを外し、代わりにBlade of Prophecyをチョイス。こいつはMFとSPRが付き、DaiboとSun Keeperの良いとこ取りをしている。おまけに2HなのでパッシブスキルのThe Guardian’s PathでSP生成が楽になる。しかし、Blade of Prophecyでは火力が不足するという人はMFを諦めて、素直にDPS1000超えの大棒を選んだ方が良いだろう。

今日こそは出す。絶対出す!