「 RPG 」一覧

Paper Sorcererは戦闘が楽しいな隊長?

ソウルを見つけてあやしい屋敷に持って行くとカタコンベの上層がアンロックされるのだが歯抜けがあって、これもうわかんねぇなと思っていたら各階層のシークレットにソウルが隠されているのだった。しょうがねぇな(GKU)と思いながらシークレット探し。メインダンジョンは敵固定配置なので一度掃除したら悠々自適にシークレット探しができる。物足りない感じもあるけど無駄にエンカウントして水増しされるのもあれだし、このへんは好き好きだな隊長?

カタコンベ2と3の褒美は新たなモンスター召喚ということで2人も増えるよ、やったねたえちゃん! 初回で選択をミスっても大丈夫というか、これシークレットじゃなくて必須イベントにした方がよかったんじゃないですかね…。いつ加入させても主人公と同じレベルまでスケーリングされるので後からでも困らないけれども。とりあえず支援系のウィッチとデバフ系のアボミネーションを入れておいた。どっちも防具を着れるのでディフェンスを上げられるのがウレシイ…ウレシイ…(ニチニチニチ) やわらか戦車のシャドウはいらなーい(NDK)

ps1505244


5Fから街に帰るとソーサラー(主人公)をナイトかメイジ、どっちの方向性でイキますか?ということでアーク放電で。当たり前だよなぁ? 近接はヴァンパイア、ミノタウロスがいるので魔法系がよさそう、よさそうじゃない? ただ、防具を装備できないシャドウがやわらか戦車でどうにかなりませんかねコレ。DEFが他の半分以下で範囲魔法の威力もそんなに強いわけじゃないんだよなぁ…。軽装備可能なモンスターの方がよかったんじゃねぇかなぁ…。

ps1505243


4F、5Fのボスは体力が多いだけのボスで序盤のようなギリギリ感は薄く、ちょっとダレ気味。6Fの雑魚は数が多めなので範囲攻撃スキルが捗る。

ps1505242


3Fボスの貝みたいなやつがシールド貼りまくってクッソウザかった。難易度はノーマル選んだけどそれでもボス戦前はカタコンベで強化しないと厳しい。

cg1505242

ワードナみたいに召喚したモンスターで戦うのだが、どのモンスターを召喚するかは序盤のダンジョンで決めなければならないので選択によっては詰む可能性もありそう。シャドウ、ヴァンパイア、ミノタウロスにしたけどそれは大丈夫なんですかね? 基本的にダンジョンも敵配置も固定で、敵やお宝は復活しない為、パズルゲームに近いかもしれない。救済措置としてランダムエンカウント&アイテム復活のカタコンベがあるので、もしメインを進めないようならここで強化してねということなのだろう。

独特なグラフィックは素敵なのだがダンジョン探索物としては微妙。主観操作だが頭の揺れや環境音がないのも寂しい。足音や風の音などがあるだけで全然印象が異なってくると思うのだが…そのへんはあまり興味なかったのだろうか。BGMも妙に現代的で不釣り合い。UIもウェイトが長く、引っかかったような感じがストレスを与える。

cg1505241

メインダンジョンは固定式の敵配置で戦闘回数はかなり少なく、その代わりに一戦一戦で手に汗握るバランス。敵見方共にディフェンス値が用意されており、通常攻撃を受けるとディフェンス値が減り、HPには少量のダメージしか入らない(FPSのアーマーみたいなもの)。魔法はHPへダメージを与えやすいがこれもディフェンス値によって減らされている模様。そのためまずはディフェンスをはがすのが重要となっている。

スキルを使うにはエネルギーが必要になるが1ターンで1しか回復しない。スキルでエネルギー+2できたりもするがクールタイムがそれぞれ用意されている為、連発はできない。大技をバンバン撃ちまくって終了の戦闘ではなく、ディフェンス値、エネルギー、クールタイムをしっかり管理しながら戦う必要があり、この駆け引きがPaper Sorcererのキモといえよう。Aボタン連打しまくりでレベリングしてダンジョンを進むゲームではなく、手持ちの資源でいかに障害を取り除いていくかに重点を置いたゲームデザインであり、そういうのが好きなら楽しめると思った(こなみ) 値段も安いしね。ま、多少はね? グラフィックはいいけどそれ以外はイマイチぽいし、これもうわかんねぇなと思ってプレイしていたら戦闘が面白くて長時間やってるタイプだな隊長? WIZクローンはクッソつまらない作業戦闘を強いるのが多くて辟易とするがこれは遊べる。

ps1505231


二番煎じだけどよかった(こなみ) やりますねぇ!の異常なテンションすき。

アニメーションの勢いがよかった(こなみ) 口呼吸RUとはうはうはるぴょんが入ってる+1919点。

かわいいですね、これはかわいい。

雨のシーンがよかった(こなみ)


ルセッティアで迎える新年

デモが面白くてリリースした頃に買ったものの、ライブラリの奥に眠ったままだったルセッティアをとりあえずクリア。一応のクリア目標は50万弱を返済することなんだけど、ダンジョンはまったくの手付かずのままなので達成率としては半分以下という感じ。借金返済するだけなら10時間もかかりません。クリア後も続けてできるようになっているので、まずは借金を返してからダンジョン攻略して下さいということなんだろう。

そのためダンジョンパートとアイテム屋さんのパートはあまりリンクしていないというか、他の店からアイテムを仕入れるだけでノルマが達成できるのでダンジョンパートが取ってつけたような感じになっているのが少し残念といえば残念。ダンジョンパートの敵は色んなタイプがいて、駆け引きがそれぞれ異なるのはいいものの、一回のプレイが冗長であり、また複数回のプレイに耐えるものではない。私はアイテム屋さんのパートばっかりやっていた。

rec1401011

ゲーム内容としてはドラクエ4+不思議のダンジョン+だんじょん商店会+アトリエシリーズという感じで、ダンジョンでアイテムを仕入れて合成したり、相場が下落したものを安く買い取って高騰した時にゲス顔で売りつけるゲーム。基本的にその繰り返しになるのだが安く仕入れて高く売って、金がどんどん貯まっていくのを見るのが楽しい。

幼女と妖精は少しでも値段をつり上げると「ふぇぇ、高すぎるよぅ」と売買コンボを途切らせ、売れたとしても利益率が低いのでお断り。方向音痴おばさんと高飛車お嬢様は高めにしても買ってくれるのでまさに上客。お嬢様はお客さんの鑑。

ゲーム中では「置き引きや盗難に注意してください」というニュースがたまに流れることがあり(実害はない)、もし自分の店の商品が万引きされたらと考えさせる。現実世界に比べて仕組みは単純ではあるものの、物を売る側の気持ちになれる教育ゲームであり、残念ながらエロ要素はないので小さなお子様にもおすすめできる。ルセッティアの薄い本オナシャス

rec1401012

あとキャラがかわいい。これ大事。キャラはテンプレ的ではあるものの、ほのぼのとした雰囲気でセンス良くまとめられており、嫌味を感じさせない。それと声優さんの声の演技がうまい。クッキー動画ばっかり見て、感覚が麻痺しているのかもしれないが同人系にしてはうますぎる。涙がでますよ。ちなUNKさんは今年もクッキーで年越しました(半ギレ)


Grim Dawnで地雷原を往く

世界観は終末世界+中世ファンタジー。UNKさんはTitan Questよりもこっちの雰囲気の方が好き。キャラクターの動作は少しもっさりしているが不快感はなく、敵をガシガシ殴る音が気持ち良くて、殴ってる感じもちゃんとある。雷・炎・毒などの付与ダメージが付いていると攻撃時にエフェクトが全部乗っていいゾーこれ。ポットがぶ飲みプレイが可能だが、戦闘終わってから数秒経つと自動で全回復する。ゲームを再開すると敵がリポップし、お金を払えばスキル振り直しも可能。

これと言って際立ったところはなく、Titan Questの色違い版と言えばそれまでだが安定した作りではある。感触は結構良い。悪くないじゃなくて、結構良い。2.5サブレくらい。安定大事。

gd1311104


イメージイラストがかっこよすぎィ!なナイトブレードにしました。攻撃速度上昇のバフかけて二刀流でガシガシ殴り、ナイフ投げて攻撃したり、敵を足止めしたりするクラス。スキルのUIがTitan Questまんまなんですがそれは・・・。クラスのタブが二つあるのでレベルが上がるとダブルマスタリーになりそう。→LV10でダブルマスタリー。

gd1311103


クラスのイメージイラストかっこよすぎィ!現段階だと4クラスだけかな。

gd1311102


ちとハクスラがやりたくてGrim Dawnをこうてみる。アーリーアクセスなので過度な期待は禁物だが、果たして何サブレくらいの出来だろうか。COOPできるらしいですよ。じゃけん自分から地雷原へ入っていったホモは一緒にやりましょうね~。まだシングルだけみたいですね。

gd1311101


虚空洞の水を打ったように静まり返って死んでいく遠い昔の記憶

興味があったのでこうた。マス目移動と常時ターン制が懐かしいね。ダイアログや書物の翻訳は理解できるレベル。書物の文章量は多いので日本語化は有り難い。一部スペルの説明文がなんのこっちゃという感じだが、炎の矢なのか氷の矢なのか水なのか稲妻なのか、これもうわかんねぇな。グラフィックは古臭い上に動作も異様に重く、フレームレートが安定しない。アーリーアクセスなので仕方のないところだろう。バランスも歪な感じだがこれもアーリーアクセスだから・・・。

mmx1310211


マイトマテン日本語訳入っているんだね。なんだろう。この機械翻訳よりは通じるけどむず痒い感じ。公式がジャップ表記しているし、頭のおかしい擁護団体から抗議くるでこれ。


The Incredible Adventures of Van Helsing – パイポジゲー(クリア)

13時間でクリア。難易度ノーマルではサクサクテンポ良く進み、一気にプレイしてしまった。プレイキャラはヴァンさんのみだが、一人のキャラで三通りのスタイル(剣・銃・魔法)が選べる。お金さえ払えばスキルとステータスの振り直しはいくらでもできる為、近接戦闘に飽きたら魔法に切り替えるといったビルドの変更が容易であり、一回のプレイで色んな戦い方を試せるのは利点。プレイキャラが何人も居ても、ストーリーが同じゲームだと何回もやる気がしない。その点では本作は一度のプレイで隅々まで楽しめるので満足度は高い。

vh1306111

リスペックはできるし、プレイスタイルにも幅はあるし、レアアイテムもボロボロ落ちるし、キーボードで移動できるし、ギャンブルやエンチャント屋もあるし、相棒のカタリナさんは一緒に戦ってくれるし、カタリナさんにアイテム拾いの設定をしておいたら自動でアイテム拾ってくれるし、おまけにアイテムを売りに街へ行ってくれるし・・・とハック&スラッシュに必要なものが揃っており、気持よくプレイさせる気配りができている。

一度に登場する敵の量も多めで範囲攻撃スキルで瞬殺した時の爽快感といったらもう・・・生身の敵はミンチになるし、機械系の敵はドカーンと爆発し、敵が死んだ時のサウンドがしっかりしているお陰で敵を切り刻むのがとても気持ち良い。敵のミンチ音は最近のH&Sでは一番の出来じゃなかろうか。トーチなんとか2に足りなかったのはコレ。

vh1306112

相棒のカタリナさんが可愛くてボインなのもポイント。カタリナさんは破天荒な方でヴァンさんとの掛け合いが面白い。ヴァンさんが乞食に金を恵んでやると「乞食に金やるとか正気なの?わたしポニー欲しいんだけど」とか「もう何百年も体無いままだはー。辛いはー。お金恵んでほしいはー」とか、ウィルオウプスが質問してきたのでカタリナさんにどうしたらいい?と尋ねたら「殺しちゃえ☆」とか言っちゃうカタリナさんまじ悪魔。人生、宇宙、すべての答えは42じゃダメなんですかねぇ・・・。

あとパイポジ弄りがエロい。パイポジ直し画像を公式で配布してるので壁紙にしよう。

vh1306113

クリアしても敵がリスポーンするダンジョンでトレハンできるものの、ヴァンさんのレベルキャップは30なのでクリアする頃には到達してしまう。ACT2で終わりなのだが明らかに続きがあるような中途半端な終わり方なので遊ぶのはDLCが出揃ってからでも遅くないかもしれない。ただ、H&Sの基礎的な部分の完成度はそこいらのものと比べて高いのでH&S好きは買っても損はないタイトルだろう。

vh1306114



マイトマミーツグリムロック

・Might & Magic X Legacy

本編が蔑ろにされていたマイトマシリーズ。ついに続編がクルー。
システムはマイトマ3でグラフィックは現代的という組み合わせ。
個人的には6以降のシステムでやってほしいけど、それは結果次第かな。
主観視点のパーティ制RPGはいいよねぇー。
後半はちゃんと宇宙行くんですよね?