「 FPS 」一覧

ARMA II: Armed Assault Demo – クソミッション量産中

昨日、参加頂いた方はどうもでした。
やはりゲーム内ボイスチャットがあると便利ですね。
本日も9時頃から2~3時間立てたいと思いますので、ご参加頂けたら幸いです。

arma20906280
昨日の反省点を活かし、ミッションを修正&新しいミッションを作成していました。
・スタート地点、敵の本拠地に弾薬箱を置くことで弾薬不足を解消。
・敵の量を減らし、クリア可能な難易度に近づけました(前は多すぎました)。
・オブジェクトを配置し、攻め込みやすいようにした。

カスタムミッションはサーバーに参加することで自動的にダウンロードできますが、一応配布もしておきます。
ミッションファイルは右クリックで「対象をファイルに保存」し、以下のフォルダに入れて下さい(Vistaの場合)。
C:\Users\ユーザー名\Documents\ArmA 2 Demo Other Profiles\プロファイル名\MPMissions

・Stalker
・rakasan
・toudaimotokurasi
・longrange
・banrinochojyo
・haikyo
・kabanino
・mogura 続きを読む


ARMA II: Armed Assault Demo – 消える飛行機雲

昨日、体験版がリリースされたこともあって、マルチは盛況。
日本人も結構プレイされているみたいですね。
Pingの良い方が集まっています。

体験版にはマルチ用のCOOP MAPは一つしかありません。
しかも、ミッション内容が複雑なため、野良で気軽に遊ぶのは難しい。

arma20906276

そこで、マルチ用のミッションを作ることにしました。
といっても、シングル用のエディターと異なり、マルチ用のエディターは機能制限があり、あまり凝ったことはできません。
自分で作成できるのはサーチ&デストロイ(敵を全滅させる)くらいなものです。
ただ、ARMA2のマップは広いので、目標ポイントを変えるだけでも遊べるのが利点ですね。

続きを読む


ARMA II: Armed Assault Demo – ミッションエディットこそ真骨頂

体験版にはチュートリアル、シナリオマップ2つ、エディターが含まれている。
また、マルチプレイヤーモードもあり、シナリオマップを使ってCOOPも可能だ。

arma20906272

グラフィックはモーションブラー、被写界深度の導入が一番目につく。
被写界深度の効果がフォトリアル寄りのデザインに、より真実味を与えている。

グラフィックの負荷はARMA以上。
ノーマル設定でも重く、各々で妥協点を見つけるしかないだろう。
設定をあげればあげるほど、映えるグラフィックなだけにグラボとCPUの新調がしたくなる。

arma20906271

ゲームシステムはOFP、ARMAの延長線上。
遠距離の敵をちまちま狙い、弾が一発当たれば即死亡もありうる。
これまでの硬派なスタイルが貫かれている。

同シリーズ作品に触れたことのある人は馴染み易いが、一見さんが一から覚えるのは辛いだろう。
プレイアビリティを無視した歪なゲームデザインと淡々とした戦場風景がこのシリーズの独自性かつ特徴であるため、頑張って慣れるしかない。
幸いなことにCOOPがあるので、経験者に手解きを受けながら遊ぶのがベターだ。 続きを読む


ARMA II: Armed Assault 体験版公開 – 明日は休もう

ARMA II: Armed Assaultの体験版(2.84GB)が公開されました。
体験版にはミッションエディターも含まれているようです。

arma20906261


Merchants of Brooklyn – 閑古鳥にCrysis

先日のアップデートでDrug Warsというマルチプレイヤーモードが追加された。
このDrug WarsはいわゆるCapture the Flagで、旗の代わりにクスリを奪い合うモードのようだ。

とことで、早速試してみた!

と言いたいところだが、サーバーは常時立っているものの肝心のプレイヤーが居ない。
しょうがないのでひとりぼっちでDrug Warsのマップを散策することに。
Bot機能があれば一人でも遊べるのだが、そんな痒いところに手が届く機能はないようだ。

mob0906251

シングルモードのマップと違って、Drug Warsのマップは大変広い。
開放感があり、散策していて気持ちの良いマップだ。

Cry Engine 2が得意とする広大なマップの描画が発揮されている。
パフォーマンスは安定しており、シングルよりも快適に動作する。 続きを読む