「 FPS 」一覧

流行を追い求めることになんの意味がある

とりあえず、ハードディスクに溜めていたエロゲ体験版に区切りをつけた。最近、不足がちだった萌え分がだいぶん回復できたんじゃなかろうか。まだまだ、物足りない気もするが…。いくつか魅力的な作品と出会えたのはよかった。注文をかけておこう。

ARMA2の一件で最新FPSを追い求めることがアホくさくなり、興味もなくなった。もうゲーム業界に踊らされるのに疲れた。

そもそも外見だけ取り繕って、中身は過去の作品に遠く及ばない駄作群を追う必要なんてなかろう。ゲーム内容が豊かな、昔の作品を遊ぶほうが遥かに有意義だ。それにわざわざデスクトップPCを立ち上げるのも面倒くさくなった。

これからはノートPCで電子紙芝居と懐ゲーを中心に遊ぶ。最新洋物ゲームの情報を求めている人はよそのサイトへいってほしい。しばらくの間は扱わないし、遊ぶ気もない。

gck0907231

現時点での懐ゲー課題。
・Gorky17
・Fallout 2(途中)
・Fallout Tactics
・Stonekeep(進行中)
・TES:Arena(途中)
・TES:Daggerfall
・Ishar
・Ishar2
・Gothic
・Gothic 2
・Giants: Citizen Kabuto(進行中)
・Redneck Rampage
・Disciples: Sacred Lands
・Jagged Alliance
・Jagged Alliance 2(途中)
・Jagged Alliance 2: Unfinished Business
・Wizardry 8(途中)
・Buldur’s Gate(途中)
・Buldur’s Gate 2
・NOX
・M.A.X
・M.A.X 2
・Borderzone
・Die by the sword
・A.I.M
・A.I.M Clan Wars 2
・Rainbow Six(途中)

まず、StonekeepとGiants: Citizen Kabutoを攻める予定。たまに他をつまみぐいしながら。

gorky170907231
Gorky 17。戦闘がターンベース性のRPG。Gorky ZeroやAurora Watchingとストーリー的に繋がりがあるなんて知らなかった。時系列はGorky Zero→Aurora Watching→Gorky 17になるらしい。


ARMA2 – 空中死

今日はエディターをいじっていた。
TriggerとSynchronizeの関係は大体覚えたので、簡単なミッションなら作成できそうだ。

・本日の成果

本日、作成したミッションは航空機に乗った状態でスタートし、特定の地点で降下。要人殺害後に脱出地点へ移動するとクリアとなる。
エディターを覚えるために作成したミッションなので面白くはない。

arma20907091
航空機で島へ向う。
パイロットが自動で運転してくれるので外の景色を楽しもう。 続きを読む


CDWOWさんからARMA IIが届いたよ

armacdwow0907071
香港からエアメールで届きました。
どうりで到着が早いわけですね。

・Game Updates – ARMA 2

※ちょいとだけプレイ

arma20907082
キャンペーンはストーリー性あり。ドキュメンタリーチックだったARMA1とは別。キャンペーンの展開はOFPに近い。
Chernarusはロシアらしい建造物が満載で、廃墟好きにはたまらない。

arma20907081

製品版のChernarusのマップ。画像の赤い線で囲まれた部分がデモ版で登場したエリア。
製品版では10倍以上の広さだ。デモ版をやり尽くして、このマップ見飽きたよって人も安心してほしい。

ちなみにUtesの方はデモ版と同じ大きさ。残念だ。

・Kellys Heroes Guide to ArmA2 Dedicated Server

Dedicated Serverの立て方と設定の説明。
ラグの発生原因は処理能力不足?という話もあるので、サーバーを立てる時は別PCでDedicated Serverを立てた方が無難かもしれない。
サーバー用にノートPCでも買おうかな。


Tom Clancy’s Rainbow Six – 季節が本質だけを変える

・Tom Clancy’s Rainbow Six

ミリタリーFPSの雄Rainbow Sixシリーズの第一作。計画立案に重点を置き、リアリティを重視したゲーム設定が特徴のFPSだ。

処女作にしてコンセプトがきっちり固められており、インドア中心のCQBが見事に実現されている。

r60907061
まずゲームはブリーフィングから始まる。

ここではミッションの舞台背景や目標が説明される。きちんと目標を把握しなければ、現場で何をすべきか分からずに困ることになるので、内容をしっかり頭に叩き込んでおきたい。 続きを読む


Tunnel Rats: 1968 – 罠を敢えて踏む

・Tunnel Rats: 1968

反逆のカリスマ「ウーヴェ・ボル監督」の映画が原作のゲーム。原作映画のTunnel Ratsは2008年に公開されたようだ。

ボル監督といえばゲームの映画化で有名だが、今作の場合はボル監督のオリジナル映画を題材にしてゲームが作られている。これなら原作ゲームの信者は騒ぎ立てないし、ボル監督のファンはTunnel Ratsの世界観を映画とゲームで二倍楽しめるというわけで一石二鳥だ。

ちなみに本作を開発したのはVelvet AssasinのReplay Studiosである。

tr0907051

ベトナム戦争を題材にしており、ゲームの雰囲気はShell Shockが近い。主人公はアメリカ軍の兵士で敵はベトナム兵となる。主人公の仲間は全滅しており、単身でベトナム兵と戦わなければならない。

武器スロットは4つ。ナイフ、ピストル、アサルトライフル、手榴弾。アサルトライフルはAK47とM16があり、一度に片方しか所持できない。武器を捨てても弾は残ったままなので、場所に応じて使い分けていくといいだろう。

メディキットを所持でき、いつでも使用可能。豊富に入手できるので、ヘルス回復には困らないだろう。

アイアンサイトとリーンができる。腰溜め撃ちでは弾がバラけやすいので、アイアンサイトで狙った方が無難。戦闘はゆったりとしていて、慎重に進みながら戦っていくタイプのゲームだ。 続きを読む


Neo Tokyo – 個性と没個性の狭間

・Neo Tokyo

Half Life 2のマルチプレイMOD。ゲームタイプはキャプチャーインザフラッグのみ。チームはJinraiとNSFの二つが存在し、どちらかに所属して戦うことになる。

このゲームでは旗の代わりをGhost(攻殻機動隊の人形つかいのようだ)が務めている。Ghostを自軍に持って帰るか、もしくは敵を殲滅させたら勝利となる。リスポーンはなしで、死んだら次のゲームまで復活できない。

nt09070417
Ghostは抱えるか、おんぶして背負うことが可能。おんぶ状態では銃撃が可能となる。チームメンバーがGhostを拾うと敵の位置が分かるようになり、戦闘が有利になる。

まず、Ghostを入手し、その人を援護しながら戦うのが理想的だ。 続きを読む