Home > COOP

COOP Archive

ARMA 2 – 地獄のピクニック(4)

SabuさんSKYさんZ.O.EさんとキャンペーンCOOPを試してみた。やはり人間同士だとスムーズに事が進められ、細かな命令や迅速な救助が可能なのが利点だ。一方、草むらや森といった視野の悪い場所では策敵が難しく、AIほどの戦闘能力は発揮できず、苦戦を強いられがち。いかに自分たちに有利な場所へ敵を誘い込むかがキーポイント。キャンペーンミッションには冗長な移動シーンが多いが、駄弁りながら遊ぶことで退屈なシーンも楽しいピクニックに変わる。

Sabuさんがバスを見つけ、それに乗って移動。「このバスはゴルカへ向かいます」とバスの運ちゃんをロールプレイしながら目的地へと向かう。バスの中は開放感があり、景色を見回せて快適。内装もしっかり作りこまれているのでバスの中を歩き回ったり、中から銃撃できれば面白そうだ。

味方のヘリがマンションに突っ込んでいるシーン。COOPならネタとして楽しめるか。

Razor TwoやManhattanのミッションは運頼みの要素が強い。バーダックは運良く見つけることができたが、Manhattanでは何度もリトライせざるを得なかった。ただし、仲間と「ああしよう。こうしよう」と戦略を練るのも醍醐味の一つであり、うまく解決できた時の感動もひとしおだ。

マップにはメッセージを書けるお陰で意思の疎通が楽に行え、打ち合わせがしやすい。Manhattanのミッションは6つのキャンプを探すことになるが、みんなで推理しながら遊ぶのが楽しい。

戦闘のバランスがシビアであり、いつ敵に襲われるかもわからない為、ミッション中は常に緊張感が漂う。仲間との協力が非常に重要であり、アクションFPSとは違った面白さがある。OFP:DRはうまくまとまっているものの便利になりすぎて簡略化されてしまった部分が多く、GRAWの新作もアクション要素が強くなりそうな現状、タクティカルFPSの未来はARMAに託されているといっても過言ではない。今度、みんなでCOOPの続きをするのがとても楽しみだ。

Tom Clancy’s Splinter Cell ConvictionをCOOPしてみたよ(2)

Tom Clancy’s Splinter Cell ConvictionをCOOPしてみたよ(1)

先日、Z.O.EさんとSplinter Cell ConvictionをCOOPしました。ConvictionのCOOPはちゃんとステルスゲームの体を成しており、完成度が高いですね。ステルスプレイのCOOPは斬新でした。

しかし、日頃から銃をバンバン撃ちまくっている二人ですから、そう簡単にステルスプレイはしません。基本的に強引なアサルトプレイに終始しています。

今作は従来のコソコソ移動して痕跡を残さずに目的を達成するゲーム性と異なり、プレイヤーが存在することが前提になっているため(少なくともシングルは)、こういう強引な銃撃戦が通用します。しかし、これは後から気づいたことですが、敵に発見されると増援が出てくるので、ステルスでこそーりと暗殺していった方が楽に進めます。

・Tom Clancy’s Splinter Cell Conviction 動画マイリスト

全文を読む

Borderlands – 擬似人格でも構わない(クリア)

ラスボスはデカイ図体のわりに脆かった。ファンタシースターなんとかでいうところのダークなんとか的なものを想像していたので、ちょいと拍子抜け。アッサリ過ぎて物足りなさが残る。

クリアするまでに30時間ほどを費やしたのでボリュームはある方なのだが達成感やカタルシスは薄い。

ガーディアンが守っているものとは・・・

続きはネタバレが入るので、クリアしていない人は見ちゃRadeon!

全文を読む

Borderlands – 乱痴気騒ぎ(2)

今日はゲストで4人プレイに挑戦。4人プレイだと敵の体力が上がるため、きちんと協力しなければならない。メンバーの組み合わせ次第で難易度はかなり違ってきそうだ。

ゲスト参加した場合は自分のミッションは進まないものだと思っていたが、これは勘違いだった。ホストの進行に合わせて、ゲストのミッションも更新されてしまう。COOP時はログや台詞をきちんと理解する余裕なんてないので、この仕様は困りもの。

やはり初感の通り、COOPゲー&パーティーゲームの趣が強い。GearBox的には、ストーリーなんて二の次なのだろう。ドンパチを楽しんでくれたらそれでいいというスタンスは大胆だ。ストーリー性は貧弱だが、そういう作りなのだと割り切るべきなのかもしれない。

エロゲーは物語とエロを楽しむものだからゲーム要素なんていらない理論と同じように、そもそもCOOPゲーにストーリー性なんてものは不要だ。しょうもない感情移入要素とか、何十分に及ぶクソ長いイベントシーン(カットできない)はCOOPのテンポ感を損ねるだけである。

モンハンktkr

全文を読む

お兄やんと遊んだよ

お疲れ様でした。
今回はLWさんを交えてのCOOPということで、久しぶりにSWAT 4をプレイ。

SWAT 4のシングルプレイでは仲間NPCが付いてくるが、マルチプレイでは仲間NPCは登場しない。仲間は参加者のみとなるため、人数が多いほうが楽になる。

もちろん、人が多くなると、ペッパーガン撃たれたり、誤射されたり、フラッシュバンで自滅したりする可能性も上昇するが、そんなことは瑣末な問題に過ぎない。そういうトラブルもCOOPの面白さではないか。和気藹々とやれれば御の字ではないか。

全文を読む

ZOEお兄やんとCOOPしたよ

昨夜はお疲れ様でした。

メインミッションのボートレースは四回ほどトラブルに巻き込まれ、このまま悪夢のエンドレスエイトに突入かと思いきや、五回目でサックリクリア。二人なんでワイワイやりながらトラブルを楽しめましたけど、一人ならイラッ☆と来ていたかもしれません。

ZOEお兄やんの一人つっこみ「まもってZOE月天!を発動しなければならないな。というか…まもってZOE月天!とか意味不明だし」に爆笑させてもらいました。笑い声をマイクに聞こえないようにするのが大変でしたよ。

merc20907061

11 / 11« 先頭...7891011

ホーム > COOP

Feeds

一番上へ移動する