「 COOP 」一覧

Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlandsで遊んだ

フリープレイ期間だったので4人でプレイ。オープンベータを遊んだ時は部隊もののFar Cry2という印象で差別化されていない内容に閉口して、「これは無いな」という印象だった。COOPで遊んだ印象はGTAのお祭り感も感じられる内容でみんなでワイワイとやるならまぁ遊べるかなという印象に変わった。

ミッションは似たような感じのものばかりで、どういうスタイルで遊ぶかはプレイヤーの自由というスタンス。初代Ghost ReconやGRAWの緊張感は無く、シリーズらしさはあまり感じられないものの、まぁカジュアルにダラーと遊ぶなら悪くはない。ただ、これが定価8000円、半額で4000円という価格は驚異的だなと思った。いや、確かにマップやグラフィックのクオリティは高いけど半額だと手は出ないかなぁ。

あとは無料化されたBrinkもプレイ。これはセールの時に購入した覚えがあるのだがいまいちやる気が無くて今までプレイしたことが無かった。内容的にはミッションベースの対戦ゲームでRTCWやBFに近い。ただ、こちらはマップが狭く、ルートも限られていて、生き返って死んでの間隔が非常に短い。立ち回りでどうこういうようなレベルデザインにもなっていなくて、人海戦術でゴリ押ししていくような感じでプレイが苦痛だった。ハードにするとそこそこ手応えがあるものの、ゲームデザイン自体に難有りで無料化したのも納得できる内容。もしかしたら人間8人でやればカオスで面白いかもしれないし、参加ささんがお通夜状態になるかもしれない。DDYDD。


Alien Swarm: Reactive Dropの8人協力プレイ

いつものメンバー+参加者を募ってAlien Swarm: Reactive Dropをプレイした。難易度はHardで8人でプレイ。「これ無理じゃない?」「湧きすぎワロタ」と言いつつ、最適解を試行錯誤しながら何度かリトライするとクリアできるぐらいのバランスでかなり盛り上がってプレイできた。

本編キャンペーンは約2時間ぐらいでクリア。予定よりも早めに終わったので追加キャンペーンをプレイしたのだがこれがかなりの難度になっており、正しい道筋で素早くいかないと大量の敵に轢き殺される。

予定時間を大幅に超え、脱落者もでてきたがなんとか最後までクリアすることができた。8人くらいだとバランスがとれないゲームも多い中、このゲームはちょうど良い絶妙なバランスに調整され、多人数でやるとカオス度が増して本当に面白い。個人的にはまたこのCOOPは開催してもいいかなと思った。


The DivisionをCOOPでプレイ

「The Divisionがフリープレイ中だからみんなでやるだで」と青龍さんに勧められたので4人でプレイ。私はオープンベータの時にプレイして、「うーんこれは…」と感じて買う気は無かったので無料ならまぁいいかなと遊んでみた。

・バランスが…
見かけはシューターだけどゲームバランスはRPG。現実世界を舞台にしたBorderlandsに近い。Borderlandsでは敵と3レベル以上の差が開くと厳しいバランスだった。

The Divisionでは敵のレベルが一つ上なだけでかなり厳しい。敵の攻撃で一気にヘルスを削られ、こちらの攻撃ではゴミのようなダメージしか与えられない。同じレベルでちょっと厳しいというバランス。Borderlandsでもメインに挑むにはレベルが足りないのでサブをやる必要があったが、The Divisionでもサブを虱潰しにやっていかないとレベル差が追いつかないという印象。サブは本当に単純な内容のミッションの寄せ集めでメインに比べると面白さが数段落ちる。

・アイテム拾いが…
DiabloやBorderlandsのように敵は装備品を落とすのだが白柱や緑柱のエフェクトが出るだけで装備品のモデルが表示されず、見落としやすい。遠くから見ても何がドロップしているのか分からず、ド近距離まで近づかないと品名が表示されない。戦闘が終わった後で拾い集めるのも面倒に感じる。Borderlandsは近距離で敵と戦うことも多かったので敵を倒す→アイテム拾うの作業がスムーズに進んだが、こちらはカバーシューターであり、遠くから狙い撃つことも多く、敵の死体がバラけて点在することになり、ドロップ品を拾い集めるのが面倒な作業になってしまっている。

また、ジャンプはできず、障害物は乗り越える動作が必要になる。Borderlandsではふわふわジャンプや機動力の高さでポンポンと乗り越えられた場所もこちらでは迂回してダラダラ移動していかないといけず、それもアイテム拾いの障害になってしまっている。

・世界観が…
ウィルスに侵された現実世界が舞台で、自警団というか解放軍の一員となって戦うことになるのだが写実的な世界とRPGの噛み合わせの違和感がすごい。多分、これがSFとかファンタジー、コミカルなアメコミチックな世界だったら問題が無かったと思う。

しかし、写実的な現実世界を舞台にしたことで弾を何発打ち込まれてもなかなか死なない軽装の敵やライトなシューターのゲームデザインに強い違和感がある。StalkerやARMAみたいなリアル寄りのシューターのデザインならこの舞台も映えたのではないか。街並みの作り込みは異常なレベルなのにゲームの方はお手軽なカバーシューターでもったいない。

敵にしてもSFならヘンテコなエイリアンとか機械を出せたが現代が舞台ではバリエーション不足。どれも似たり寄ったりの外見で彩りに欠ける。これがARMAのようなシューターならリアリティも感じられただろうがお手軽なカバーシューターならもっと冒険をした方が面白さは増したのではないか。

Borderlands+R6:VegasやGears of Warという感じのゲームデザインだが特徴が相殺し合っている印象が強かった。オープンベータで感じた時の印象と変わらない。ただ、知り合いとCOOPで遊ぶなら一定の楽しさはある。わざとレベルの高いところや難易度ハードで挑戦して、「難しすぎワロタ」とヒイヒイ言いながらやるのが一番楽しめる方法ではないかと思う。実際、サブクエストやレベルの低いミッションはただの作業と化しており、何度も全滅したところは盛り上がって面白かった。1000円台なら買ってもいいかなと思う。


Space Hulk – DeathwingをCOOPした

Space Hulk – DeathwingをKeiさん、ZOEさん、青龍さんとプレイ。Warhammer4Kの世界観にLeft 4 Deadのプレイを足したようなゲームデザイン。シングルでもプレイできるがかなり味気なく、COOPで遊んでこそと考えた方がいい。クラスが5種類あり、4人のメンバーが各クラスを選ぶことになる。クラスは近接戦闘特化、回復スキル持ち、剣と銃を持ったバランス型、銃専門など、装備武器やスキルやスタミナなどが異なり、各メンバーがそれぞれのクラスのロール(役割)を分担する形になる。

マップのデザインは丁寧に作られているし、雰囲気も大変良い。船の中で害虫駆除する様はさながらエイリアン2のようだ。これまでのWarhammer4Kのゲームは原作のミニチュアゲーム的なオモチャ感が強く、あまり好みでは無かったのだが今回のデザインは重厚感が高く、格好良い。

敵は銃やロケランを撃ってきたり、瞬間移動したり、毒を吐いたりとそこそこ種類はいるもののLeft 4 Deadの特殊感染者ほど差別化されておらず、プレッシャーを感じない。敵が湧く間隔も大味で同じような敵がダラダラと出てくる印象が強い。Left 4 DeadやWarhammer:End Timesの特殊な敵や湧きの間隔は絶妙だったがこれはそれらに比べると一段落ちる出来。開発はE.Y.E: Divine Cybermancyを作ったところなのだがあのラフさ(大味)は今回も健在である。序盤こそサクサク進んで雰囲気も良いので良い印象を持つのだがプレイを続けていると段々と粗が見えてきてネガティブな感想を抱くという感じだ。後半に行くにつれて防衛戦が異様に長い場所があったり、長い距離を歩かされたりと退屈な部分が多くなる。あと4つほどマップが残っているがさらにラフで意地悪な部分が露骨になっていくのでは…と不安である。


The Long Darkみたいなサバイバルゲーム好きだし、実況プレイしてみようかなと思ったのだが想像していたよりも謎解き要素が強く、サバイバル要素は薄めで期待していたのとは少し違いました、残念ながら。どちらかというとFirewatchの方が近いかなぁ。まぁマップ内を自由に探索できるし、雪山や田舎町の雰囲気も良いのでそのへんは良いのだけれど独白や文章多めで英語力0のUNKさんには少しキツイなぁと思いました、自分の中では。


対戦&Coop企画の結果

あなたのゲーミングチャイルド、今日も元気!? というわけで動画のような結果になりました。若い助詞が来ることはありませんでしたがさすがに0人というわけでもなく、みんなでワイワイと遊ぶことができました。


対戦マルチプレイヤー及びCoop開催

2017年1月7日(土)のWolfenstein: Enemy Territory。 最終的には談志10人くらい集まってプレイすることができました。特にトラブルもなく、バランス的にもベテラン勢と初心者勢がバラける形になってましたのでそこそこ拮抗した戦いになっていてこれはこれでよかったと思います、自分の中では。1月8日はViscera Cleanup Detailですが満杯にはならないと思うので都合が合いそうな方は参加オナシャス。現在、GMGでセール中で8.29ドルです。

2017年1月6日(金)のテスト。助詞10人くらいは来ることありませんでしたが数人の方に来て頂き、ETとViscera Cleanupをテストプレイしました。さすがに0ということも無かったです。さすがに0はないな。ETはみんなルールを忘れていて、初々しい動きで遊んでいましたが逆にそれが良かったと思います、自分の中では。

Viscera Cleanupはメンバーの中にプロの掃除屋の方が居て、効率的に作業を進めることができ、サクサクと2ミッションをクリア。人が多いと人海戦術で早い早い。箱やバケツを倒したり、倒した人間を告発したりと人間の黒い部分も描き出されたCOOPで面白かったです、自分の中では。

1月7日はETをプレイしますが空きはありますし、テストに参加できなかった方や助詞10人くらいの参加もお待ちしてます。


2017年1月6日(金)の接続テストの追記です。ZOEさんのサイトに詳細がありますので6日のテストに参加する方は一読オナシャス。接続テストの参加人数は10、50、100を予定しています。さすがに0はない、0はないな。

21:50~ Discord集合
22:00~23:00 Wolfenstein: Enemy Territory(ET: Legacy使用)
23:00~24:00 Viscera Cleanup Detail


・対戦マルチプレイヤー及びCoop開催のお知らせ / Z.O.E’s conservatism

2017年1月6日(金)22:00~24:00 接続テスト
2017年1月7日(土)22:00~24:00 Wolfenstein: Enemy Territory(ET: Legacy使用)最大32人まで
2017年1月8日(日)22:00~24:00 Viscera Cleanup Detail(Coop)最大16人まで

ZOEさん、青龍さんと多人数で遊ぶイベントをやることにしました。詳細はZOEさんのサイトを見て下さい。W:ETは無料ですし、Viscera Cleanup Detailはセール中なので買って、どうぞ。

参加人数は10、50、100くらいを予想しています。あるいは400人か。さすがに0はない、0はないな。

vc1612251


今日はZOE_GAMEさんとストホクルセCOOPやって録画した

今日はZOEさんとStronghold遊ぼうやないかってことでStronghold HDを買ってもらったんだけど残念ながら二人でCOOPしてAIと戦うことはできませんでした…。残念ながらStronghold HDでは対戦しかできないようです。ほんでぇーCrusaderならAIと対戦できるってことでCrusaderの方も買ってもらいました。ゴメンナサイネー。貝塚レートなら合わせて5万やでぇホンマァ…。ZOE_GAMEさんには申し訳なかったです。ハイ、謝りました(達成感)

shkaiduka1605031

ほんでぇーCrusaderならAI入れて対戦できるんやけどホストしてもサーバー検索できひんし、ポート開いても誰も来んし、Tungleを使って仮想LAN環境でやってみることにしました。それでテストで動画も撮ってみようやないかぁ…ということでCOOPの様子も撮ってみましたが計8人なんでかなり長時間になってしまいましたね。

まぁでもZOE_GAMEさんと駄弁りながら築城するのは楽しくて、マルチをやれたのは良かったです、自分の中では。ホンマァ…ZOEさんはやさしい。それに顔も声も無職に似てるって? なっかなかいないよ、そんな人は。なっかなかいないと思う。


サルベージ無職すごい。これ初めて見ただで。Re:ニコニコ使ってサルベージできるみたいやけどできる人とできない人がいないみたいなので、俺オナ民全員でやった方が効率良さそうですね…。これで当分は順平分が補給できて、もう十分ニチィ!


今日は植木鉢くんが欲しかったので作ってみました。葉の部分はどうするかなーと思ったんだけど板ポリにしてアルファ抜きでやろうと思いました。茎の部分と葉の板ポリにボーン仕込んでコピーしてボーン曲げてランダムに並べました。

cg1605031