「 徒然 」一覧


Disciples: Sacred Lands – 続・ゲーマーの為のUIデザイン(4)

寝食を忘れるほどに没頭。Disciplesのために長期休暇を取りたいくらいだ。

今日は敵の本拠地を攻め落とせるか挑戦してみた。本拠地はヒーローユニットと雑魚ユニットのパーティが防衛している。雑魚敵は弱いのだが、ヒーローユニットがとにかく強い。ヒーローユニットの性能はHPが900、攻撃力は全体ダメージ200。必ず先制攻撃してくるため、HPの低いキャラは即死し、戦士系のクラスも瀕死に陥る。

そこで対策を練る。まず、周りの雑魚ユニットが邪魔。こいつらが前線にいるせいで、近接職はヒーローユニットに攻撃できない。雑魚ユニットを片付け、ヒーローユニットだけの状態にするのが理想的だ。相手のターンに移ると、雑魚ユニットが補充されてしまうので勝負は一ターンのみ。

そこで雑魚ユニットはシーフの毒攻撃で瀕死にする(ただし、毒攻撃はヒーローユニットには効かない)。シーフの毒攻撃成功率は30%。失敗すると死んでしまう。成功率が低いので大量のシーフで勝負を賭ける必要がある。保険はたくさんあった方がいい。

シーフを増産したら、毒攻撃ラッシュ開始。雑魚ユニットが瀕死状態になったら、次は主力パーティの順番だ。魔法とアイテムで防御力強化、命中率強化、攻撃力強化を行い、装備品でさらに底上げする。

だが、現実は甘くない。これだけ強化してもヒーローユニットは強かった。 防御力強化のお陰で「全体ダメージ200」の威力は和らぐのだが、それでも3ターン目を持ちこたえるので精一杯。また、こちらの攻撃は相手に30ダメージ程度しか与えられず、お話にならなかった。

だが、システム的には倒せそうな気がする。主力級パーティを30チームほど量産し、それで一気に勝負を賭けてみたら勝機があるかもしれない。時間と余裕があれば、今度試してみたい。

量攻め

とことで、前回のエントリーに続いて、今日もゲームとUIデザインのお話。前回、言葉足らずな部分があったので、その補完を行いたい。Disciplesとは無関係の話なので読まなくていいよ。各ゲームタイトルについての具体的なUIデザインの話はまた今度にでも。

続きを読む




休み疲れ

お盆休みの感覚が未だ抜け切れず、憂鬱な気分で生活している今日この頃。
仕事はぜんぜんはかどらないし、帰ってきたらそのままバタンキュー。
Galge.comラジオを聞きながら、惰眠を貪る日々が続いております。

今日が終われば明日は休日。
そろそろゲーム生活を再開したく候。


得体の知れない機械より専用機

・4Gamer.net ― 【速報】[Gamescom]SCEEプレスカンファレンスで新型PS3を発表。現行機よりも薄型に,価格は2万9980円で9月の第1週に発売

べっ、べつに欲しいわけじゃないんだからねっ!
だけど、 この値下がりで気持ちが揺らいだのは事実だ。

とはいえ、「PS3を買ったところで遊びたいゲームがあるか? 」と問われれば、正直ほとんどないわけで。唯一、興味を惹かれたソフトはデモンズなんとかくらいだ。Ruiさんが「中毒になるくらいハマります。マジおもしれーですよ(※実際はもっと丁寧な話し方をされます)」と仰ってたし、インタビューを聞いて3DダンジョンRPG熱が沸々と湧き上がった。

ただ、その他のソフトはパンチが弱い。 ヴァルなんとかやなんとかボーイは独自色が強くて魅力的ではあるけどジャンル的にエンドオブ眼中。あとは粗製乱造なマルチプラットホーム作品や続編物が占めていて、それならPCで事足りてしまう(あくまで私の興味の範囲ね)。

来月販売と聞いて、この期に買ってしまおうかと思ったのだが、ラインナップを改めて考えてみると踏みとどまってしまった。

そもそも三万あればWiiが買えてしまう。PCと方向性が被らない現行ゲーム機はWiiしか選択肢がない。

んじゃ、Wii買ってみようかなと気持ちが揺らぎ始めた夏の終わり。バーチャルコンソールは充実してきているし、Wii独自タイトルもなかなか豊富。あとは斑鳩や怒首領蜂などの正統派STGが移植されたら間違いなく即決するのだが…。

そいで夏のボーナスを使っちゃおうかなと迷っている今日この頃なのです。オチハアリマセンヨ。


機械が物語を紡ぐ時代

・4Gamer.net ― インディーズゲームの小部屋:Room#100「らのべえ」

デジタル・ラノベ制作ツール「らのべえ」。パッケージを見て、しまいまを連想したのは私だけでしょうか。うん、私だけかもしれない。あんま似てないもんね。イーフロンティアがこういったソフトを販売していることに驚きを隠せません(もちろん、良い意味で)。販売に至る経緯に興味がありますね。 続きを読む