Jagged Alliance: Back in Action – 原点に帰る(6)

アサルトプレイでは勝てなくなったので再びステルスプレイで戦わざるを得なくなった。ライフルをぶっぱなすと確実に敵のグループが寄ってくるが、サイレンサーで攻撃すればそいつにしか見つからない。ステルス能力が高ければピストルの射程距離までは近づけるし、命中率も良ければ敵がたとえケブラーヘルメットを被っていても9mmでも倒せる。

ただし、弾薬の問題あって、1マップに敵が20~40人も居るので弾が足りなくなる。タイムリミットもあるので、その場の持ち合わせで戦うのが理想的だ。というわけで7.62mm Nato弾を使用するAutomagを使用することにした。しかし、こいつがまた弾倉に5つしか弾が入らないというクソ仕様で1マガジンで仕留めないと敵にやられる。ライフル用のサイレンサーやフラッシュサプレッサーが欲しい。

JA2の時は1セクターに最大で敵が20くらいしか居なかったし、部隊全員で戦うことになるので違和感が少なかったが、BiAの方は中盤を越えると街の中に30人以上敵が居るのが普通なので正直しんどすぎる。Medunaはさらに多いだろうし、もう疲れてきた。

スポンサーリンク

シェアする