Serious Sam HD: The First Encounter COOPの感想

2011年11月11日の22時からSerious Sam HD: The First Encounterを16人でCOOPを行いました。急遽、一週間前から告知することになり、人が集まるか心配でしたが、みなさんのご好意のお陰でフルメンバーでプレイできました。今回のためにFEとSEをわざわざ購入して下った方も居て、本当に有り難い限りです。

総勢16人というわけで敵よりも味方の方が多いことが目立ち、カオス感を存分に味わえました。私は敵のスキンを使用している方を間違って誤射することが多々ありました(笑)

初めの小ボスはロケランの一斉発射により数秒で撃沈。「早すぎワロタ」とVCで盛り上がりました。今回、敵の強さは柔らかめの設定だったので、ダレやすい最後の方のアリーナステージもサクサクと進めて良かったのではないかと思います。

広大な砂漠を16人がオアシス求めて進みます。日射病にやられてもキニシナイ!

ミニガンの共鳴音が爽快。数の暴力でハーピーも楽勝です。

最後のステージで落ちる現象はSEでFEのマップをプレイしていたせいでした。FEでやり直したところ、問題なくクリア。これは事前のテストで確認していた為、早急に対処できて良かった。ただ、最後のステージをもう一度やり直すことになってしまったので、参加者には面倒な思いをさせてしまったかもしれません。


敵の強さは適度であり、事前に「ある程度集まって行動しましょう」とアナウンスしていたこともあり、ゲームは概ね問題なく進めたと思います。一部の乱戦時に敵が固まる現象がありましたが、サーバーは別PCでデディ鯖運営、光回線によってpingは安定していたので、これは対処のしようがありません。configを調整すれば改善される可能性もありますが、16人集まってテストするのは難しい為、SEでも同様の現象が生じるかもしれませんが、この点は我慢して頂くしかないでしょう。

SteamのVC(ボイスチャット)をテストせずにぶっつけ本番で始めてしまったので、ここで不手際がありました。初めて使用する方の為にVCの参加の仕方を説明しておくべきでした。プッシュトゥトークでやることを、後から参加したメンバーへは伝えられていなかったのも問題でした。また、VCへの参加有無も事前に確認しておくべきだったかもしれません。ただし、VCを使うことでみんなで連携して進められ、楽しさも共有できたので導入して正解だったと思います。

あとはSteamのバグでVCを誘っても参加できない現象が一部のメンバーに生じ、全員がスムーズにVCできないのが難点でした。他のVCソフトを使えば問題ないかもしれませんが、導入や設定に時間がかかってしまい、メンバー全員が導入できない可能性もあるので今後もSteamのものを使うことになりそうです。今回はZ.O.Eさんしか全員をフレンド登録していなかった為、サポートとサーバー監視にかかりっきりになってしまうのが問題でした。これは運営側の青龍・SKY・UNKも全メンバーをフレンド登録しておき、メンバーへのサポートを行うのが適切でしょう。今回で問題点ははっきりしたので、次回はもう少しスムーズに行える(といいな)と思います。

準備段階でグダることがありましたが、最後まで進められたのが何よりでした。次週はSEをプレイする予定で、またZ.O.Eさんの方からアナウンスを行うと思います。今回、参加できなかった人も、次回は奮ってご参加下さい。もちろん、今回参加して下さった方もお待ちしています。フレンド登録の準備に手間取ることもありますので、早めに参加表明をして頂けると幸いです。