Dead Island – ウェルカムトゥザジャンゴ(5)

ジャングルへ到着し、Act3に入った。ジャングルのサイズは大きいものの敵の密度は薄く、スラム街のような緊張感はない。道が入り組んでいるので車で移動するのにも時間がかかりがちだ。一方、熱帯雨林の暑苦しい空気感は上手く表現されており、「キィーキィー、ニィヤァニィヤァー」というアクセルローズのような鳴き声がジャングルの雰囲気を高めている。

ゾンビの密度は減っているが、代わりに銃を装備したパンク野郎が増えている。銃撃戦自体はあまり面白いものではない為、余計な手間に感じることも。銃は命中率で照準の大きさが変わるがアイアンサイトを覗かないとまともに当たらず、サイトを覗いていると鈍重な操作になり、狙いづらい。銃弾はMODで作れるようになったので、あまり残弾を気にせずに撃てるようになった。

鍵付きのケースからはレア武器が出るようになり、ようやくロックピックの恩恵が出てきた。しかし、レア武器は店にも並ぶし、そっちの方が簡単に手に入るので微妙なところ。鍵を開けられずに後ろ髪を引かれる思いをすることはないものの、他のスキルにポイントを回した方が賢いような気もする。

両手がドリルのツインテールゾンビは動きが素早く、防御力も高く、おまけに蹴りを避ける。まだ一匹しか出会っていないものの、何匹も出てきたら困るな。ダッシュするゾンビは概ね強敵で、一気に体力を削られるので油断はできない。

ジャングルには爆発物が少なめなのでデオボムが役に立つ。特殊感染者も一発で瀕死まで持ち込めるので効率は大幅に上がる。作成コストは低いし、3つまで1スロットにスタックして持てるのでとても便利だ。