今期はグリッドマンが面白いかもしれない

アマプラ配信の新作アニメは大体見たんだけど今のところグリッドマンが一つ飛び抜けた感じですね。後は「色づく世界の明日から」か。

グリッドマンは特撮を直球でアニメでやろうとするのがまず面白い。個人的に特撮というか日本のドラマって、俳優の演技や日常ドラマ部分の安っぽさが気になって見ていられないんだけれども、そこは一流のアニメメーカーが描いているので安心して見ることができる。作画が丁寧だし、実写的な演技や間の取り方をしているところも面白いですね。

ツツジ台に住む高校1年生の響裕太は、ある日目覚めると記憶喪失になっていた。そして裕太は古いパソコンに映る『ハイパーエージェント・グリッドマン』と出会う。グリッドマンは使命を果たせと語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探し始める。突然の事に戸惑いつつも、クラスメイトの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日...
物語の始まりは数十年後。 日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。 主人公の月白瞳美は17歳。 魔法使い一族の末裔。 幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。 そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。 突然、見知らぬ場所に現れとまどう瞳美の視界に鮮烈な色彩...

設定はありがちな感じはするんだけど敵側がまさかの同級生で「おぉそうきたか」と驚かされました。真・女神転生if…みたいなケースもあるけど、エンディングの映像でアカネと六花が仲良くしているところを見ると六花も記憶を失っているんじゃないかなと思いますね。今の世界が作られた架空の世界だとか、隠されたちゃぶ台返しのような設定がありそうでそのへんも期待しつつ、見ています。

スポンサーリンク




シェアする