よそ者を殺せ(フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ)を見た

アマゾンプライムで配信中のフィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ 第十話のよそ者を殺せを見た。

フィルは通勤中によそ者を殺せという看板を見つける。TVで政治家もよそ者を殺せと発言するが誰も気にも止めない。自分がおかしくなってしまったのか。よそ者排除活動が始まる

原作とオチが異なり、なんの捻りのない話になっている。ポリティカル・コレクトネスや移民の問題など、アメリカやヨーロッパでは身近な問題。ヘイトスピーチ、不適切な発言も繰り返していればそれが日常になってしまう。現実でも普通に起こっていることなので映像化に当たって、もう少し異常性が際立った演出があれば面白かったかもしれない。と思った私はすでによそ者を殺せ側なのかもしれない。

「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」は、全10話からなるSFドラマシリーズ。想像を絶する独特な世界へとあなたをいざなう。稀代のSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品に基づく一話完結の各エピソードは、ブライアン・クランストン、スティーヴ・ブシェミ、グレッグ・キニア、アンナ・パキンなど豪華キャストが...
スポンサーリンク




シェアする