頑張れない体操

今日もZOEさんに記事を書いてもらいました。ありがとうございます。
ちょっと頑張れない日が続いています。申し訳ありません。

初期のFalloutシリーズを思わせるアクションRPG、Death Trashに注目です。荒いピクセルグラフィックながらしっかりとポストアポカリプスの世界を醸し出しています。スキルポイント、クラフトやアビリティー要素を備え、戦闘は俯瞰視点の

今日は委員長繋がりでにじさんじの動画をずっと流していました。にじさんじ勢はどの子もそれぞれ個性があって、魂ガチャ大成功という感じですね。数撃ちゃ当たる方式でばらまいたのにどれもうまくいっている。他のVtuberよりも素人感はあるけどツイキャスやニコ生よりかはしっかりしていて、ちょうど良いゆるさと安心感があって見られる。職業声優がやってるわけではないのでフットワークが軽いし、コラボも気軽にできるのが強い。あとそこらへんの声優よりかはトークもうまいし、ゲーム実況も見られるものに仕上げている。まぁそこは声優にタレントまがいのことをやらせている業界もおかしいのかもしれないけど。

あとLive2Dがあったのもあるんだけど、まず二次絵でやったのがうまいやり方ですね。企業産のVtuberは金かけて立派な3Dモデル作ってるところもあるけど、これは魂ガチャ失敗した場合に痛手となる。一回失敗したものを中だけ変えるってワケにもいかない。その点、まず二次絵でやって中身成功なら、それから金かけて3Dモデルへハッテンさせるというやり方もできるし、にじさんじのやり方はそういう方向性なのかなと思う。

ただ、現状はろくにサポートせずに個人任せにしすぎなのでちゃんとバックアップはしてあげて欲しい。まぁそこも素人感覚や地下アイドル感を強める戦略の一つなのかもしれないけど。この界隈はめっちゃ金かけて滑りまくってる例もあれば、最小の労力で大きく成功してる例もあって、こういった流れや勢力図を観察するのも面白いですね。

スポンサーリンク




シェアする