Dusk – レベルデザインのバラツキ(エピソード1クリア)

予約したらプレイできるエピソード1はクリア。マップは10個で1時間半くらいのボリュームあり。クリアしたマップはレベルセレクトでいつでもリプレイ可能。挙動、銃撃感、ヒット感などの基本的な部分がしっかりできていて気持ち良い。敵の同士討ちはもちろんのこと、仲間割れもちゃんとある。うまく誘導すれば自分が戦う必要なし。いやぁよく分かってるでホンマァ。

ただ、レベルデザインのバラツキが大きい。序盤はRedneck Rampageぽい開放感のあるマップで斜め移動ジャンプで駆け回りながら敵を屠るのが楽しくてウヒョーとなるのだが中盤~後半のマップはお遊びが少なくて、暗くて狭いところで地味な戦闘を繰り返し、プレイ開始直後のテンションが次第に盛り下がっていく。レベル1、2は繰り返し遊べるが後半のマップは二度とやりたくない。DoomやQuake、Redneck Rampageだって面白いマップもあればつまらないマップもあるわけでこれはDuskに限った話ではないのだが続きに不安な印象を抱いた。感触自体は良いのでエピソード2、3でガラッと雰囲気が変わるといいなぁ…。手放しで褒められない部分はあるのだが少なくともオールドスクールはしっかり守っていると思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする