サムネの構図から考えんとイカンし

自家製Quakeのモンスターを作りたいなぁということで作成。今日は火の玉を撃ってくるインプタイプのやつを作りました。この時代のテクスチャの描き方は小さいテクスチャ一枚に光沢や陰影を全部描き込んで擬似的にそれらしい感じを出さないといけないのでこれはこれで難しいなぁと。

今の物理ベースならメタリックやラフネスで光沢や金属感を簡単に出せるんやけどハンドペイントはやっぱり難しいと言えば難しい。Quakeのテクスチャは小さいテクスチャに細かくドットが打ち込まれていてこれは芸術やと思いましたね。もうちょっとうまいやり方を見つけてイキたいです。

パウンドケーキ回の動きほんと怖い。

ゲーム実況は立派なビジネスだと思うんですが…(S) 頭無職なってるで。ほならね理論を行使する映画監督とか、こういうことが起こらない為にシャム学をもっと広める必要があるんとちゃうかと思いますけどね、自分の中では。他のやつらは実況やってるのに俺だけBANされるのはおかしくねって言いたいことは分かるけどもー、時には我慢、これは大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする