Alan Wake’s American Nightmare – ごめんなさい許して下さいありがとう愛しています(クリア)

3時間半でクリア。本編と整合性が取れていないような表現もあるがここはどんな出来事でも起こりうるナイトスプリングス。アランの葛藤が心象世界で繰り返されていると解釈するのがベターだろう。三つのマップを三度繰り返し、同じようなことを繰り返すことになるが一度経験したことは省略される為、同じようなことをやっているんだけどどこか違うという差異が妙な気分にさせる。前のタイムラインとは異なった展開が起こるので次はどうなるのだろうと期待させ、ループ構造がアセットをうまく再利用している。短い間隔に新たな展開と戦闘が詰め込まれているので飽きさせず、一気にプレイさせる魅力があった。

本編の戦闘は出し惜しみのような小規模な戦闘が延々と続き、途中で飽きてしまうほどだったが、本作では色んな武器がどんどん手に入り、弾薬も補給できるので気兼ねなくドンパチできる。さらに原稿の発見数が強い武器のアンロック条件になっている為、隅々までマップを探索して物語を追うこと(原稿を読む)ことでドンパチがさらに楽しくなる仕様。本編よりもシステムの組み込み方がうまい。

サイコマルマイン的観点から本作を解くとするならこれは自己受容、他者信頼、他者貢献の物語と言えるだろう。本編でアランは妻のアリスを救うために小説を書き続けた。その結果、アリスを救うことはできたもののの、アランは闇に囚われたままで答えを見つけられないままループを繰り返している。闇の親玉であるミスタースクラッチはアランの別の姿で、精神の均衡が崩れればアランはあのような悪人へと変わる可能性がある。ミスタースクラッチはスランプから抜け出せない劣等感、再びベストセラーを書きたい理想とスランプに陥った現実の乖離が生み出した悪しき存在であり、最終的に彼を消し去るにはありのままの自分を受け入れる勇気、つまり自己受容が必要だった。

アリスはアランが失踪した後も彼のことを思い続け、アランを主人公にした短編映画を撮った。これは現実で本当にあった出来事なのかは分からない。アランはスランプに陥っているがアリスは写真家として社会的に成功している隠喩なのかもしれない。自分は小説を書けなくなったのに妻は人々に賞賛されるような作品を作っている。この事実はプライドが高かったアランには受け入れづらい現実だったかもしれない。しかし、アランは一連の出来事を通して、アリスがベストセラー作家のアランではなく、一個人としてのアランを心から愛してくれていたことを認識する。アリスを心から受け入れ、賞賛し、信頼し合える関係を再構築したことで心の闇を消し去ることができた。サイコマルマイン的三種の神器が闇から抜け出す答えだったのだ。

街 ~運命の交差点~の市川は純文学を書きたいと願うものの低俗な小説をいつの間にか書いてしまい、自己矛盾に悩む。ミザリーのポール・シェルダンは自分が書きたい小説とファンが求める小説の乖離に苦しむ。Alan Wakeも作家と作品をテーマにした物語ではあるものの、最終的に救済できたのは彼が仕事よりも家族を優先したから、かもしれない。生きていくためには仕事をしなくてはならない。しかし、成功ばかりを追い続け、その反動で周りに苦しみをばらまくよりもまず家族を愛すること。身近な人間をまず幸せにすること。そのことに気付き、ベストセラー作家という特別な存在にこだわらなくても普通でもいいんだと受容できたから人としてのハッピーエンドを掴めたのではなかろうか。

褒められたい。賞賛されたい。特別な存在でいたい。他人が自分にできないことをやっていると嫉妬する。他者を安易に馬鹿にしたり、貶めたり、YouTuberに罵詈雑言を投げかけたり。ネットで手軽に情報発信できる現在、そういった醜い行いをついついやってしまうが幸せになるには特別ではない普通の自分を認め、他者と真摯に向き合うことが大切なのかもしれない。人はそれぞれ異なるが対等である。できること、できないことがあって当然。すごーいものはすごーい、たーのしーものはたーのしーと素直に心から想うこと。承認欲求を満たすよりも他者を素直に受け入れたり、リスペクトすることの方が気持ち良いのではないか、とけものフレンズを見ながら最近考えてます、自分の中では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『Alan Wake’s American Nightmare – ごめんなさい許して下さいありがとう愛しています(クリア)』へのコメント

  1. 名前:UnKnown 投稿日:2017/02/17(金) 03:15:08 ID:ca029b657

    ありがとうございますやで。生活ができなくなったらホモビにでるかもしれません。
     
    ほんへの日本語吹き替えは上出来だったので夢オチDLCが字幕オンリーだったのが残念でした、自分の中では。
    クオンタムなんとかも字幕オンリーやし、止めたくなりますよー。

  2. 名前:カント 投稿日:2017/02/16(木) 19:10:00 ID:b908eb9d1

    更新なくてホモビに出たのか心配してたんですけど、おっ、大丈夫か大丈夫か?

    しこたま朗読物書きおじさんは日本語吹き替えがないのが頭に来ますよ~ 。ほんへよりアクティブで、うん美味しい!闇落ち半身との語りはゲイポルノ(BL)で出版すればいいと思った。

    ほならね?自分を認めさせたいなら他人に寛容になれって話でしょ?私はそう言いたい。